自然栽培米ササニシキ ~【世界農業遺産】大分県国東半島からお届けします~

大分県国東半島で私達が一生懸命作りました。

手作りホームページへようこそ。どうぞごゆっくりご覧くださいませ。
当店、自然栽培米専門店【Natural Style】がお届けする自然栽培米は、
農薬・肥料不使用、自家採種された安心安全のお米に限定しております。
週1回火曜日発送となります。※日曜日17時までのご注文を火曜日発送致します。

喜び米|喜びを循環させる自然栽培米

2016年3月2日

大分県国東(くにさき)半島で
農薬や肥料を使用しない自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリを育てる
村田 光貴さんのお米を【喜び米】と呼んでいます。

喜び米に含まれる意味には
稲が育つ喜びであり、食べる喜びであり
食べた皆様に喜んでもらいたいという
喜びの循環を意味しています。

私どもはこの喜びの循環は、すごく大事なポイントだと思っています。

人間と腸内細菌の関係

現在、地球には約72億人の人間が住んでいます。

では、
一人の人間を見たときに
この人間の体内にはどれくらいの細菌がいるのでしょうか?

10年ほど前は、
腸内には100兆個の細菌がいると言われていましたが
現在では、500-1000兆個とも言われています。

そして、この腸内には
大きく下記の3種類の細菌が住んでます。
・善玉菌
・日和見菌
・悪玉菌
腸内細菌
出典:森永乳業 http://bifidus.jp/relation/relation01.html

健康な人の腸内細菌の割合を調べると

善玉菌:日和見菌:悪玉菌=2:7:1 となっています。

大事なことは、
善玉菌が悪玉菌よりも多ければ、健康体を維持できるという事です。

日和見菌は、優勢な方の味方に付きますので
善玉菌が優勢にあれば、善玉菌の味方に付きます。
つまり、9:1の勢力になるイメージです。

ところが悪玉菌が優勢になるとその逆の現象が起きてしまうのです。

私達は、健康体を維持するには
体の腸内は善玉菌が優勢となる環境を作ることを心がける必要がありそうです。

善玉菌が優勢になる環境作りに大きな影響を与えるのが食事です。

善玉菌が好む食事は
・発酵食品
・食物繊維
・緑黄色野菜に含まれる成分

逆に
悪玉菌が好む食事は
・高脂肪・高タンパク質の食事
・ジャンクフード類

つまり、昔から日本に合った
伝統食を食べると自然に善玉菌が優勢になる腸内環境を作れるという事です。

日本の伝統食とは
・お米
・発酵食品(味噌、醤油、漬物、納豆等)
・旬の野菜類

喜びを循環させるとは

腸内の善玉菌が喜ぶ環境を創れば
私たち人間が喜ぶ健康状態になります。

さて、もし私達人間が地球にとって細菌だとしたらどうでしょうか?

善玉菌の人間が喜ぶ環境を創れば
そして善玉菌が優勢となる環境を創れば
地球が喜ぶ状態に繋がっていくのではないでしょうか。

腸内の善玉菌が喜ぶ食べ物をみても
昔の日本の伝統食であり、
昔ながらの無農薬で無肥料で育てた
自然栽培米のような自然の力で育てた作物が良いと思います。

その自然栽培米は
人間の体内の腸内細菌にも良い影響を与え
農薬や肥料を使用しないので地球環境にも良いと言えます。

人間の体内も喜び
人間も健康になり喜び
地球も喜ぶ

大きな喜びを紡いでいく【喜び米】でありたいと思っています。


タグ: , ,

Posted by 自然栽培米ササニシキ-【世界農業遺産】大分県国東半島より直送します at 23:57 / 未分類,自然栽培米コメント&トラックバック(0)