自然栽培米ササニシキ ~【世界農業遺産】大分県国東半島からお届けします~

大分県国東半島で私達が一生懸命作りました。 大分県国東半島で私達が一生懸命作りました。

手作りホームページへようこそ。
当店、自然栽培米専門店【Natural Style】がお届けする自然栽培米は、農薬・肥料不使用、自家採種した安心のお米に限定しております。
・村田自然栽培米は、週一回火曜発送となります。※日曜17時までのご注文を火曜日発送。
・川﨑・前田自然栽培米は、ご注文後3-4日以内に発送致します。

‘裸足’ タグのついている投稿

自然栽培米の水田に裸足で入る効果

2016 年 5 月 29 日 日曜日

大分県国東半島(くにさきはんとう)の村田 光貴は
農薬も肥料も使用しない自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリを育てています。

食べた方に喜んでもらいたいという想いから
【喜び米】と名付けています。

自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリ【喜び米】は
食べた人に喜んでもらうだけでなく
田んぼ周辺の生物達にも喜んでもらえると思っています。

自然環境に良い自然栽培をしていますので
田んぼの中に素足で入っても安心です。

自然栽培田んぼに素足

上の写真を見て、
汚いと思いますか?
ばい菌が付くとか思われるでしょうか?

自然栽培米の水田に裸足で入ると汚れるのはどっち?

裸足で水田の作業をして
「あ~いっぱい汚れちゃった」と言われる人もいます。

確かに
泥がついて汚れたというのも分かるのですが

自然農法を40年されている方が仰っていました。
(自然栽培歴も10年の方)

「田んぼに素足で入って、汚れちゃったって言うけど
田んぼの方が汚れたかもね」

自然栽培米を作っている田んぼでは、
農薬も肥料等の不自然な物質は一切入っていないのですね。
その状態が10年は続いているわけです。

逆に人間の体を見てみると
どうでしょうか?

食べ物、飲物は自然の物でしょうか?
食品添加物が含まれた食べ物や飲み物かもしれませんね。

病院で薬などもらって服用していないでしょうか?

もしかして、多くの方が
体の中に不自然な物が入っているかもしれませんね。

人間は、体に溜まった不自然な物質を
排便、排尿、汗等でいろいろな方法で体外に排出しようとします。

足の裏からも排毒をするのですね。

そのため
自然栽培米の水田に素足で入った時に
人が汚れているのか
田んぼが汚れているのか
何とも言えない状況なわけです。

自然農法関係の方から聞いた話ですが、
自然農法の団体が
以前、土セラピーといい、
足湯のような原理で、土の中に足を入れるセラピーをしたそうです。

その結果、
人には良い効果があったのですが
土は、取り替える必要が出てきて、
取り替えた土を作物用には使用できなかったと聞いたことがあります。

人間の体内の毒素が足裏から出て
土壌がそれを浄化してくれているのでしょう。

裸足で土の上を歩くと精神的に良い?

ある研究で
この50年ほどの間にうつ病や学習障害などの患者数が増えてきているのは
人が土に触れる機会が少なくなったためだと発表した研究がありました。
研究の原文(英語)はコチラ

土1gには100億個体の土壌微生物がいると言われていますが
その中でもMycobacerium vaccae という菌が注目されているようです。

この菌は、一般に土壌にいる菌で
いわゆる、ばい菌扱いされる菌ですが
研究で人間の精神に良い影響を与えることが分かったようです。

水田と一般土壌では
存在する菌が異なるかもしれませんが
確かに裸足で自然栽培米の水田に入ると気持ちが良いです。

自分の体が癒されているが分かります。

何だか気持ちが良いと感じるという事は
きっと私たちの体は、
元々、土と触れるようにできているのかもしれないですね。

土遊びが精神に与える影響|村田自然栽培米ササニシキ

2016 年 4 月 14 日 木曜日

小さい頃は、裸足で遊んだ記憶がありますが
最近は、裸足で土に触れるのは、田植えの手伝いの時くらいです。

自然栽培米を作られている方で
毎年苗床の準備を熊本大学生とされている方がいますが
その時は裸足でみんな田んぼに入るのですね。

自然栽培田んぼ裸足

裸足で自然栽培の水田に入ると
何だか癒される気がして、いつも気持ちがいいな~と感じています。

裸足で畑の上を歩くこともありますが
痛い、痛いと言って歩いたとしてもやっぱり気持ちがいい・・・

何故気持ちがいいのかなと疑問に思っていましたが
「ここ50年の間にうつ病や学習障害などの患者数が増えてきているのは、人が土に触れなくなったことが原因だ」という研究が発表がされました。

土に触れると幸せ感を感じる?

私の周りの自然栽培農家さんも
生活にすごく裕福だというわけではないかもしれないけど
幸せを感じて生きている方がほとんどです。

上記の研究では
何故自然の中で暮らす人たちが幸せを感じるのか?を調査しましたが
土壌の微生物が人間の精神に良い影響を与えていることが分かったようです。

土壌には1g約100億個体もの微生物がいると言われています。

その中で注目されたのが
Mycobacterium vaccae

土の中に普通にいる微生物のようで
いわゆる、ばい菌として扱われていましたが、
この微生物が人の精神に良い影響を与えることが分かったようです。

マウスの実験によると
Mycobacterium vaccae が体内に入ると
脳内でサイトカインが上昇することが分かったようです。
サイトカインは、免疫システムの細胞から分泌される神経伝達物質であり
セロトニンとの働きとも関係しているようです。
セロトニンとは、人間の精神面に大きな影響を与えて
心身の安定や心の安らぎに関わる「幸せホルモン」とも呼ばれている物質ですね。

人間と微生物は共存している

現在では、土にはばい菌がたくさんいるとか
家に返ったら汚れた手を石鹸で洗いなさいとか言います。
除菌=クリーンというイメージを持っているかと思います。

確かに、昔の土と今の土では、異なることがあるかもしれませんが
菌を殺すより菌と共生するというのが本来のあり方だろうと思います。

人間の体は60兆個の細胞でできていますが
人間の体内にいる微生物は、約600兆個体と言われています。

もちろん微生物のサイズは小さいですが、
個体数で見ると多く、
人間と微生物は体内ですでに共生しているのです。

子どもも大人も
土遊びをしていろいろな菌が体に入ってくることはとても大事なのです。

人間は、自然と共鳴していて
自然にいる微生物達と共存をして生きるのが自然のあり方かもしれません。

そのため
土に触れて遊ぶと何だか癒されるように感じるのは
私達の体はすでに体に良い事を分かっているのだろうと思います。