自然栽培米ササニシキ ~【世界農業遺産】大分県国東半島からお届けします~

大分県国東半島で私達が一生懸命作りました。 大分県国東半島で私達が一生懸命作りました。

手作りホームページへようこそ。
当店、自然栽培米専門店【Natural Style】がお届けする自然栽培米は、農薬・肥料不使用、自家採種した安心のお米に限定しております。
・村田自然栽培米は、週一回火曜発送となります。※日曜17時までのご注文を火曜日発送。
・川﨑・前田自然栽培米は、ご注文後3-4日以内に発送致します。

‘アレルギー’ タグのついている投稿

自然栽培米ササシグレを世界農業遺産の大分国東半島で育てています。

2019 年 1 月 6 日 日曜日

私たちは、世界農業遺産に認定された大分県国東半島で
無農薬・無肥料の自然栽培で育ったササシグレをお届けしております。

ササシグレは、昔から日本人が食べていたうるち米品種のお米です。

お届け開始してから5年間
これまで化学物質過敏症やアレルギー体質、食にこだわりがある方々からたくさんの支持を頂いてきました。

私達がお届けしている自然栽培米ササシグレに関して
ササニシキとの関係やなぜ昨今ササシグレが見直されてきたのかをお伝え致します。

ササシグレとササニシキの関係とは!?

ササシグレは、ササニシキの父親にあたります。
宮城県で1952年(昭和27年)に新品種として誕生しました。

ササニシキ系統図

ササシグレはそれまでになかったほどのとれ高を記録し、
戦後の食糧難の時代に東北地方を中心に栽培が盛んに行われました。

その美味しさから、日本で米の味を高めた品種として知られています。

しかし、いもち病や倒状に弱いという特性があるため、
現在ではごく一部の農家さんによってのみ栽培が継承されています。

長年定評のあるコシヒカリに並ぶ人気を持つササニシキでさえも、
唯一ササシグレの旨味は越えることができないとも言われています。

ササシグレは、炊き上がりの香りが良く、冷めると甘みが増す、味、香り共にトップクラスのお米です。

ササシグレの現在の栽培状況は!?

ササシグレは、病気のイモチに弱く、手間がかかることから栽培方法が難しいとされています。

1964年のいもち病大発生があってからは、生産者さんの数は一気に少なくなっていきました。

今では、スーパーや市場ではほとんど出回らない幻の希少品種米です。

自然栽培米ササシグレ

昨今、農薬や肥料を使用しない自然栽培の世界で
昔の品種であるこのササシグレの価値を見直されて栽培に挑戦する方が出てきました。

自然栽培米ササシグレを育てる意味

お米には大きく分けて2つの種類が存在します。

モチモチ系品種:一般的に美味しいお米としてのイメージがあるモチモチした食感が特徴のコシヒカリやあきたこまち

あっさり系品種:さっぱりとした味わいが特徴のササニシキ、ササシグレやミナミニシキ

モチモチ系品種のお米をお茶碗一杯食べると体には案外負担がかかってしまいます。

それは、お餅を食べた時に胃がもたれた感覚があるのと似ているかもしれません。

本来、昔の日本人は粘り気が少なくあっさりしたうるち米系品種のお米を食べていました

あっさりしているため、たくさん食べても負担のかからない体に優しいお米です。

この、モチモチかあっさりかによって低アミロースと高アミロースのお米に分かれます。

お米に含まれるアミロースの場合、
その数値が高ければ高いほど糖度が低く、程よい硬さで、あっさりした味わいになるのが特徴です。

モチモチ系品種は、
甘みや粘りの強いお米になるよう、人工的な遺伝子組換えなどの品種改良を繰り返しアミロース値を減らしたものがほとんどです。

お米にはアミロースとアミロペクチンという2つのデンプン質が含まれており、
米アレルギーの原因の一つにはデンプンの種類が大きく関係しているとも言われています。

アミロースとアミロペクチン

モチモチ系のでんぷんであるアミクロペクチンは、分子の構造上消化に時間がかかります。

あっさり系に多く含まれるアミロースは消化に良いデンプン質です。

アミクロペクチンを含む、もち米系品種のお米を食べ続けると、
お米アレルギーの症状が出てしまう方が増えているという報告もあります。

なぜなら、そのようにして人工的に操作されたお米は
我々日本人の体質に合っていないからかもしれません。

世界農業遺産の大分国東半島で生産される村田自然栽培米ササシグレは農薬や肥料を一切使用しておりません。

化学物質過敏症やアレルギー体質の方でも
安心して召し上がっていただくことのできる貴重な自然栽培米をお届けしております。

村田自然栽培米ササシグレ

無農薬 玄米麺-アレルギーの方にも安心-

2016 年 11 月 20 日 日曜日

【世界農業遺産】に登録された大分県国東(くにさき)半島の
無農薬・無肥料の自然栽培米ササニシキを原料として
アレルギー体質の方にも安心して食べて頂けるようにと想いを込めて
玄米麺・胚芽麺をお届けしております。

玄米麺・胚芽麺-自然栽培米ササニシキ使用-

何故私たちが自然栽培米ササニシキを原料とした玄米麺・胚芽麺を届けるのか?

日本の米食文化は、
約3000年前の縄文時代には始まっていたと言われています。

私たち日本人にはお米は
本来、体になじむパワーフードでした。

お米

お米を食べてアレルギーになる人が増えてきた?

約3000年も米食文化がある日本で
お米を食べてアレルギーになる方が増えてきたと言われています。

このことは、
昔の日本人が食べていたお米と
現代の日本人が食べているお米は違うという意味だと私どもは捉えています。

私は、大きな転換期は、戦後にあると考えています。

明治時代以降に農薬・肥料の技術が入り込み
戦後、1952年(昭和27年)頃には、病害虫対策を目的として
水田にも農薬の使用が開始されました。

その後、
農薬も多種類使用され、
化学肥料も多種類使用され、
いつしか65年前に始まった農薬・化学肥料使用の農法が
当たり前の農法となり、慣行農法と呼ぶようになりました。

同時に
食品では、保存性、食味性や外観性等を良くするため
多種多様な添加物を使用し、
食本来が持つ「命を養う」という目的から外れて
徐々に食の在り方が乱れてきたように感じます。

本来のお米とは?江戸時代に学ぶ

私たちの食が乱れる前の
本来のお米とはどのようなお米だったのでしょうか?

そのヒントは、
約200年前の江戸時代にあると考えています。

その時代のお米の特徴は
1) 農薬、化学肥料は使用されていない
有機肥料を使用している農家はありましたが
使用する有機物はその地域で循環する分くらいです。
一般には、刈草、草木灰、厩肥(自家用家畜の)、時に地域の人糞尿です。

現代みたいに外部から大量に家畜糞の厩肥等の有機物を入れ込むという事はありませんでした。

2) あっさり系のお米
江戸時代の人は一日に5合のお米を食べていたと言われています。
現代の人で一日平均1合弱ですので
現代人の約5倍も食べているわけです。

1980年代から粘りと甘みを特徴とするコシヒカリが主要作付品種となり
現在のほとんどのお米の品種はコシヒカリの遺伝子を引き継いでいます。

つまり、
粘りや甘味が強いお米が普及したのは、戦後からです。

明治以前は、あっさりとしたお米が主流だったのです。

よく考えると
粘りや甘味が強いお米を一日5合も食べれるでしょうか?

江戸時代の人たちは、
あっさり系のお米だったから一日5合を食べれたのです。

誰がササニシキを作り、誰が玄米麺・胚芽麺を作るのか?

私ども自然栽培米専門店【Natural Style】では、
次世代に残していく食べ物を皆様に届けています。

食べ物を選ぶ時に
大事にしている点があります。

それは、実際に生産者に会い、 話をして、
その生産者さんの想いを聞き取るという事です。

「想いが農産物の形になる」
私どもは捉えていますので、すごく大事なポイントなのです。

今回、お届けできる玄米麺・胚芽麺を作り
無農薬・無肥料の自然栽培米ササニシキを育てる農家さんは
大分県国東(くにさき)半島の村田 光貴さんです。
村田 光貴

村田さん自身が、
化学物質過敏症でアレルギー体質であったために
食べれる物が制限されていました。

食べれる物が少ないなかで
それならば、自分で食べれるお米を作ろうという事で
自然栽培米ササニシキの栽培を始めました。

私たちがお届けする
玄米麺・胚芽麺は、
無農薬・無肥料の自然栽培米ササニシキ100%を原料として
添加物やグルテン、デンプン等の繋ぎを一切使用せずに作っております。

完全グルテンフリーの無添加安心麺ですので
アレルギーの方にも安心して食べて頂ければと思います。

⇒ 玄米麺・胚芽麺 – 自然栽培米ササニシキ100%使用 –

 

ササニシキはアレルギーに良いのか|村田自然栽培米ササニシキ

2016 年 5 月 6 日 金曜日

お子様が化学物質過敏症のため
食べ物に困っているという方からご連絡がありました。

その方は、
現在コシヒカリを食べているようですが、
コシヒカリとササニシキを比べるとササニシキの方が安全ですか?とよく聞かれます。

化学物質過敏症などのアレルギーをお持ちの方には
ササニシキがコシヒカリよりも安心だと言われていますが
明確な理由は分かっていないのではないでしょうか?

アレルギーの方には、ササニシキの方が安心?

化学物質過敏症などのアレルギーで悩まれる方に
アドバイスをしている方に聞くと
コシヒカリ系を食べている方にササニシキ系のあっさりしたお米に
代えてもらうとアレルギーが止まる傾向があると仰っていました。

明確な根拠が特定しにくいのですが
経験則としては、多くの方が実感されているそうです。

推測する根拠として、

ある説には
コシヒカリは、甘味と粘りを追求して品種改良したお米の為
アミロペクチンの含量が多いお米となります。
(アミロペクチンは、粘り気を生み、もち米はアミロペクチン100%)
アミロペクチンが、あるタンパク質の分解を妨げているため
そのタンパク質がアレルゲンとなっていると言われています。

アミロース アミロペクチン
出典:http://www.surugaya.co.jp/school/kisogaku/denpun_kiso.html
※アミロースは直鎖状ですが、
アミロペクチンは、樹枝状となっており粘りが増す。

または、
品種改良の過程で
本来なかったはずのタンパク質が生み出され
それがアレルゲンとなっているという説もあります。

あっさりとしたお米に大きなヒントがある?

コシヒカリやササニシキという品種の違いにより
アレルギー反応に違いが出ると経験則から言われていますが、
一概にそうは言えないこともあります。

ある農家さんは、コシヒカリを育て続けていますが
その栽培方法は
農薬や肥料を使用しない自然栽培歴9年目で、
自家採種も9年目となっています。
さらにきれいな水を栽培時に使用しています。

その方のコシヒカリを食べてみると
品種はコシヒカリですが
重くなく胃に負担がこないのですね。

コシヒカリなのに食べやすい。

その方のコシヒカリを
化学物質過敏症のアレルギーの方が食べており
アレルギーが治まったと連絡を受けているそうです。

共通する点は
あっさりしたお米にあるかもしれません。

白米

コシヒカリと言えども
自然栽培環境下で自家採種を続けるとあっさりとしてきます。

あっさりしたお米に大きなヒントがあるかもしれません。

粘りや甘味を追求したお米であっても
自然のままに育てると
徐々にあっさりした傾向になってきます。

つまり、
これが自然に存在する
人間が食べると良いお米なんだよというメッセージのように感じます。

 

ササニシキはお米アレルギーに効くのか?

2015 年 11 月 26 日 木曜日

私達日本人は2500年以上の米食文化があると言われています。

日本人とお米は切っても切れない関係なのですが、
お米にアレルギー反応をしてしまう方もおられます。

米食文化の長い日本でなぜアレルギー反応が出るのでしょうか?

昔は、お米アレルギーと聞くことはあまりなかったのですが
ここ最近でお米アレルギーの方が増えてきているようです。

お米アレルギーの原因

1.タンパク質
お米アレルギーの原因として最も言われているのがタンパク質です。

お米といえば、炭水化物ですが、お米にもタンパク質が含まれています。
このたんぱく質がアレルゲンとなるようです。

お米は、
安定収量、粘り、甘味等の食味改善を目的として、品種改良を行ってきました。
その品種改良により、本来のお米のタンパク質組成とは異なるものができて
体内酵素が新しいタンパク質に合わなくなり未消化タンパク質として
吸収される割合が増えて、アレルギーの原因になったと推測されています。

2.腸内環境

食生活の欧米化によって
これまで穀物、野菜、発酵食品が主だったものから
油脂分や糖分、肉類、乳製品を多く含む食べ物を食べるようになりました。

そのため、日本人の腸内環境の細菌バランスが崩れ
善玉菌とされる乳酸菌などが少なくなり悪玉菌が増えていると言われています。

それが原因でアレルギーを引き起こしているという説もあります。

その他、

お米の残留農薬が原因とか
特定のでんぷん質がアレルゲンとなるケースもあるようですが
はっきりとまだ原因特定はされていないようです。

しかし、

どのようなお米がアレルギーを引き起こしやすいかを調べると
モチモチ系のお米で品種改良を繰り返されたお米で発症しやすいという傾向があるようです。

日本に本来あるお米は、あっさり系です。

品種改良をされたお米はモチモチ系で甘みのあります。
本来のお米の品種とはかけ離れているために
私たち日本人の体に合わないのかもしれません。

昔の品種のあっさり系の
”旭”や”亀の尾”や”ササニシキ”などが
本来の日本人の体に合ったお米なのかもしれません。

 

ササニシキはアレルギー体質の方によいのか – 村田自然栽培米ササニシキ –

2015 年 10 月 22 日 木曜日

お米が原因で引き起こされるアレルギーには2つのタイプがあります。

1.タンパク質が原因となるアレルギー
2.でんぷんの種類が原因となるアレルギー

1.タンパク質が原因となるアレルギー

昔から研究されていた、タンパク質がアレルギーの原因だという考えです。
低タンパク質米というのも出ているようですねアレルゲン(アレルギーの原因)となるたんぱく質は、
主に米ぬか層に含まれているので分搗きや白米が良いとも言われています。

2.でんぷんの種類が原因となるアレルギー

お米の品種の主流は、粘りと甘みがある「コシヒカリ」でしたが
最近、アレルギー体質の方にはササニシキが良いのではと
ササニシキが見直されてきました。

ササニシキが、アレルギー体質の方に良いと考えられている理由

お米のでんぷん質は、大きく2つあります。
一つはアミロース、もう一つはアミロペクチン。

分かりやすく言うと
アミロースが多いとパサパサ。
アミロペクチンが多いとモチモチ。

お餅は、100%アミロペクチンです。

これまでお米の品種改良の歴史では、
粘りや甘さにこだわり、いかにアミロースを減らしアミロペクチンを増やすかということだったんですね。

ところが、ここ最近
モチモチ系のお米を食べると米アレルギーの症状が出てくるという方が多くなったようです。
どうやらこのアミロペクチンが米アレルギーに何らかの影響を与えているのではと言われているようです。

これまで粘りや甘味を目指し、アミロペクチンを増やすお米を目指して
コシヒカリを化学物質で突然変異させ、粘りや甘味を高めた品種も出てきました。

しかし、
また農薬や肥料を使用しない自然栽培の世界でササニシキが見直されてきたのは
昔に立ち返って本来のお米を見直してみようという兆しのように感じます。

参考にアミロース含量を大まかにいうと
ミルキークィーン10-12%、コシヒカリ約15%、ササニシキ約20%

確かにササニシキは、さっぱりとしており食べやすいです。

でんぷんのアミロースは、消化に良くブトウ糖に分解されやすい特徴があり
アミロースが多いお米の方が体に負担をかけない優しいお米と言えるようです。
(アミロペクチンは分子構造上消化に悪いようです。)

品種改良がされていく前の
昔ながらのササニシキ系のあっさりとしたお米も見直しても良いかもしれません。

農薬や肥料を使用しない自然栽培を行い
さらに自家採種をしていくとコシヒカリ系のお米であっても自然とあっさりとしたお米に向かっていきます。

やはり、このあっさりとしたお米が
本来の自然に近いお米ではないかと思っています。