自然栽培米ササニシキ

ササニシキが糖尿病やアトピー、アレルギーの人に適している理由とは

2019年12月31日

川﨑ササニシキ

こんにちは!自然栽培米専門店ナチュラルスタイルの井田敦之です。

ササニシキ・ミナミニシキというお米をご存知でしょうか?

ササニシキやミナミニシキは、コシヒカリが主流の現代では、スーパーでも見ることがなくなった品種です。

私たちが普段食べているお米にはたくさんの品種があります。

その中でもコシヒカリは、もちもちとした食感と粘りが特徴の誰もが知る品種です。
ヒノヒカリやひとめぼれなどもコシヒカリ系統のお米です。
これらの品種は安定的な粘りや甘みを実現するために品種改良されて生まれたお米です。

現代では、コシヒカリの食味をベースとしたお米に人気があるために、現在栽培されているお米の品種には、ほとんどコシヒカリ系の遺伝子が含まれています。

しかし、ササニシキやミナミニシキは、コシヒカリ系の遺伝子が含まれていないお米です。

つまり、コシヒカリのように甘くモチモチとした食味ではなく、あっさりとした食味を特徴としています。体に優しく、おかずの味を引き立てる隠れた銘品種です。

そんなササニシキやミナミニシキをご紹介いたします。

ササニシキは医者からも薦められているお米

おにぎり自然栽培米

私たちが普段食べるうるち米のでんぷん質は、アミロースアミロペクチンに分かれます。

アミロースが多いと、あっさりした食味
アミロペクチンが多いと粘りのある食味になります。
※もち米は100%アミロペクチン

現代主流のコシヒカリ系のお米とは、アミロース値を低めに品種改良されています。

つまり、モチモチしたお米の品種改良は、粘り・甘みにこだわりいかにアミロースを減らすか、という点がポイントとなってきます。

「低アミロース米」と聞いたことがありますでしょうか?このアミロースを減らしたお米ですよとアピールしているお米です。

そしてこのようなモチモチ系のお米を食べることでアレルギー症状を訴える人も増えているようです。
いわゆる米アレルギーです

米アレルギーの原因特定が難しいとされているのですが、もち系のアミロペクチンが多いと特定のたんぱく質が分解されずアレルゲンとなる場合があるとも言われています。ササニシキやミナミニシキをはじめとしたあっさりした品種がアレルギーを起こしにくいと言われています。

ササニシキ系はあらゆる疾患に効果的なお米と期待されている!

自然栽培米 ササニシキ

コシヒカリをはじめとする強い粘り気のコメに比べ、ササニシキやミナミニシキはアミロースというてんぷん質を多く含んでいるため食後における血糖値の上昇が緩やかになるといわれています。

ササニシキ・ミナミニシキは糖尿病リスクのある人アトピーなど化学物質過敏症の方に適しているのではないか、といった可能性が広がっているお米なのです。

米粉・玄米粉の感想

村田自然栽培米感想9
アレルギーが改善されたという報告もいただきました。
自然栽培米は無農薬・無肥料なので、アレルギーの方でも安心してお召し上がり頂ければと思います。

ササニシキやミナミニシキとはどんな食味なのか

おにぎりを食べる子ども

ササニシキとミナミニシキは、どちらも甘味や粘りを追求したお米ではなく昔ながらのあっさり系のお米なのですが、あえて違いを付けるならば【ミナミニシキ】の方がよりあっさり感があります。

長期間、この2種類のお米を食べ続けると徐々に違いが分かってきます。
ササニシキは、コシヒカリ系のお米よりは胃に負担無くあっさりと食べることができます。

ミナミニシキは、さらにササニシキよりもあっさりしており、少し粘りが必要と感じる人には物足りないかもしれませんが体にスッと入ってくる感覚があります。

あっさりした食感のお米は、アミロースが多く、分子構造上、調味料を含みやすいのですが、ベタつくことなくサラッとした食感で仕上がります

そのため、酢を使用する寿司職人はササニシキやミナミニシキを好んで使う方もおられます。
またチャーハンなどご飯ご料理に適しており、一般家庭でも根強い人気を誇っています。

ササニシキ・ミナミニシキは、粘りが控えめですので、丼ものなどにも合います。
おかずの味をより引き立てる食味で、胃もたれもしません。

食べた方が健康になり、心が満たされるような自然栽培米をお届けしたいと思います。
小さなお子様もご年配の方も安心してお召し上がり頂ける自然栽培米
を、是非ご賞味ください。

自然栽培米ササニシキやミナミニシはこちら


Tags: , , , ,

Posted by 自然栽培米ササニシキ-日本に残したい伝統のお米専門店-農家直送通販サイト at 08:14 / 食味を知る!伝統のお米コメント&トラックバック(0)