自然栽培米ササニシキ ~【世界農業遺産】大分県国東半島からお届けします~

大分県国東半島で私達が一生懸命作りました。

手作りホームページへようこそ。どうぞごゆっくりご覧くださいませ。
当店、自然栽培米専門店【Natural Style】がお届けする自然栽培米は、
農薬・肥料不使用、自家採種された安心安全のお米に限定しております。
週1回火曜日発送となります。※日曜日17時までのご注文を火曜日発送致します。

平成29年度村田自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリをお届けしております。

平成29年度自然栽培米ササニシキを再入荷いたしました。
現在、自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリ、自然栽培米ササニシキ100%原料とした玄米麺・胚芽麺シリーズ、米粉をお届けしております。 
ササニシキに関し、夏の高温の影響で一部銅割れがございますが心を込めて作りました。どうぞご賞味くださいませ。

喜び米-自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリ
玄米麺・胚芽麺シリーズ-自然栽培米ササニシキ使用
玄米粉・米粉-自然栽培米ササニシキ使用


【あっさり系の自然栽培米をご要望の皆様へ】

あっさり系のお米として、当店は、ササニシキとミナミニシキをお薦めしております。
ミナミニシキは、お米の力で活力溢れる日本を創りたいと
元来、日本人が食べてきた本物のお米を追求した前田英之さんが育てる自然栽培米ミナミニシキです。

前田自然農法米ミナミニシキ

熊本県産 自然栽培歴10年以上の前田自然農法米ミナミニシキのサイトはこちら

熊本県の自然農法家の前田さんは20年間以上「元来、私達日本人が食べてきた本物のお米」を追求してきました。
本物のお米を追求した結果、辿り着いた答えは・・・
私達が本来、主食として食べると良いお米は、現代の粘りや甘味を追求したお米でなく、
あっさりしたお昔のお米にあるということでした。
前田さんが栽培しているお米は、昔のお米の特徴を引き継ぐ【ミナミニシキ】というお米です。
熊本県で農薬・肥料・その他資材を一切使用しない自然栽培歴10年目、かつ自家採種歴15年以上
元来、日本人が食べてきた本物のお米を追求する前田自然農法米ミナミニシキをお試し頂ければと思います。

【世界農業遺産】に認定された大分県国東半島から届ける自然栽培米です。

約3年間で5000人以上に45t(4万5,000㎏)を出荷してきました

当店では、直接農家さんに会い、栽培方法・想いを聞き、信頼のおける自然栽培米農家さんのお米をお届けしております。
また、お届けするお米は、全て農薬・肥料一切不使用の自然栽培米のみとしております。
皆様が健康で生命力に溢れれる人生を送れる手助けをするために自然栽培で育てられた自然の生命力溢れるお米を皆様にお届けしたいと思います。

自然栽培米専門店【Natural Style】のお届けする自然栽培米の特徴

  • 農薬・肥料不使用の自然栽培米のみ販売しています。
  • 自家採種しているお米のみを販売しています。
  • ・自然栽培米農家さんから直送しています。
  • ・商品発送まで米農家の適切に温度,湿度管理された環境でお米を保管しています。
  • ・自然栽培歴5年以上
  • ・各農家さんの栽培状況をすぐにお知らせしています。(メルマガ配信)
  • ・自然栽培米農家の“心の在り方”に関しても情報を提供。
お問い合せはこちら これまで自然栽培にこだわり、美味しいお米作りを続けてきました。

村田 光貴さんの自然栽培への想い

村田 光貴さんは、大分県国東半島で農薬も肥料も使用しない自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリを育てています。
さらに全て自然栽培田で自家採種した種籾を使用しています。

日本のお米の栽培面積のうち0.1%も栽培されていない自然栽培米に挑戦し
食べた人が喜ぶようなお米を作りたいと思うようになったきっかけは自分がアレルギー体質だったためと言います。

1分30秒で分かる大分自然米

自然栽培米を通して喜びを届ける米農家: 村田 光貴
大分県での自然栽培歴:5年目
10年前に自然栽培と出会い、自然栽培こそが自分が一生できる仕事と邁進。大きな流れと人とのご縁により4年前に大分県国東市に移住し、自然栽培でのお米作りに専念している。

2013年5月、世界農業遺産に国連食糧農業機関(FAO)から認定されました。

国東半島は、社会や環境に適応しながら何世代にもわたり発達し、
農業上の土地利用、伝統的な農業とそれに関わって育まれた文化、景観、生物多様性に富み、独自の農業環境を形成していました。世界的に重要な地域を次世代に継承している国連食糧農業機関(FAO)の世界農業遺産国際会議において世界農業遺産地域とし て認められました。認定登録数は、世界中でわずか31箇所となっています(2015年9月現在)。

私はこの恵まれた環境を活かし先祖が残してくれたこの土地で農業をしております。

その昔、宇佐神宮に奉納するために宇佐神宮の人達が開拓した田んぼです。昔の人達がしていたような農薬・肥料を使用しない昔ながらのお米を作りたい。食べた方が健康になれ、心が満たされるような食材を届けたいと想いでこのサイトを立ち上げました。自然のエネルギーのみ育った自然栽培米の力や自然農法家の生き方や考え方を多くの方に届けたいと思います。

なぜ【世界農業遺産】に認定されて、お客様にも支持されるのか?

なぜ【世界農業遺産】に認定されて、お客様にも支持されるのか? ①広葉樹のクヌギ林が作り出すミネラル豊富な土

大分県国東半島は「クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産循環」として【世界農業遺産】に認定されました。降水量の 少ない国東半島は、伝統的にため池を活用し、ため池の周りに広葉樹のクヌギを植えております。クヌギ林の落ち葉やしいたけ 栽培で使用し終えた原木が腐植してミネラル豊富な土を供給しています。

私たちがやっているのは、環境を整えること。土壌にいる微生物や虫が喜ぶ世界を作り出すことです

私達が考えているのは、「自然が主、人間は従」
これを忘れるとバランスが狂います。三角形の生態系ピラミッドの頂点にいる人間がすることは、全体をコントロールするのではなく全体のバランスを保つことにあると思います。”土壌にいる微生物や虫が喜ぶ世界を作り出すこと”そして、植物が生い茂る世界を作ることこれらが、私達人間の生活を支える基盤となるのです。しかし、現在はどうでしょうか?土壌動物や植物の存在意義を忘れ、生態系ピラミッドの土台が先細りになっていないでしょうか?それは、人間の生活土台をぐらつかせることなのです。「自然が主、人間が従」「人間の役目は自然のバランスを保つこと」ぜひ皆様と共有したい考え方です。

自然栽培は根の張り方が違う

自然栽培5年目では、地上部での見た目は、成長が遅いのですが、地下部では、これだけ根っこを張っています。
肥料を与えられていては、これほど根っこを張れません。これだけの根をしっかりと地面に張り巡らし大地から稲自身の力で栄養素を吸い上げる。生命力の違いを感じます。

いきいきとした苗の写真 もっとも大事なのは自家採種された種籾

自然栽培米は、農薬不使用・肥料不使用が特徴なのですが、
もう一つ、自然栽培家の独自のオリジナル米を作るために必要な要素があります。それが「自家採種された種籾」なのです!

  1. 自然栽培米の源である「種籾」が化学処理されては意味がない
  2. 種籾自身が年々自家採種により純粋になる
  3. 生命力のある遺伝子を引き継いでいる
  4. 自然農法家のオリジナルのお米となっていく
秘密の水

美味しい米の秘密は、水の影響が大きいの間違いありません。自然栽培米は、成長過程でずっとこの土地の水で育っています。
この水環境で米粒が大きくなり、収穫された後も、約15%ほどの水分を米粒に蓄えております。
国東半島のクヌギ林が涵養する水は、ため池に蓄えられミネラル分豊富な水となり、水田に使用されます。

ひとつひとつ丁寧に1年間、積み重ねてようやく最高のお米が出来上がりました。

艶のあるお米、一粒一粒がいきいきと光り輝いています

土・環境、種籾・水。この4つの条件が整って元気なお米が生まれます。さらに生産者の想いがお米の出来具合に影響してきます。食べた方が健康になれ、心が満たされるような自然栽培米をお届けしたいと思います

お客様のよろこびの声

穏やかな味です。強い甘みはありませんが、後味が穏やかでお菜と合わせて食べてこそ旨味が引き立つご飯の気がします。加工食品などの強い味にはバランスが悪く感じるかもしれませんが素材を味わう料理とのバランスとてもいいと思います。2~3日分を土鍋で炊いているので、おこげの塩むすびにたまごやきや青菜のゴマよごしと一緒にお弁当にすると素朴ながらも絶品だと思います。

ご感想ありがとうございます!
農薬や肥料を使用せず自然栽培で育てたお米の特徴として、お米の粘りや甘味といった強調がなくなり、自然な感じの穏やかな味になるかと思います。自然のままに育てたお米の良さを感じて頂けて嬉しく思います。

今回はじめて自然栽培米を購入させていただきました。まず感じたのが香りが違うなということです。そして味は、食べた感じがスムーズというか一緒に食べるおかずの味が際立つというかそんな印象を持ちました。効果はまだわかりませんが日々の健康のために継続していきたいと考えています。大分は遠い場所ではないので、いつか村田さんに直接感想をお伝えできればなと思います。

私達の自然栽培米でよく頂くご感想が
「食べた感じがスムーズ」とか「体にスッと入ります」といった体が感じるご感想です。
私どもがお届けするお米は自家採種を原則としておりますので自家採種年を重ねるごとに体になじむお米になるのではと思っています。

千葉県に在住しており、小学以下3人の子供を抱えていることもあり、西日本の食材中心の生活を心がけています。このたびヒノヒカリとササニシキを購入しました。ヒノヒカリは普段の食事に、ササニシキは極めて久しぶりの購入なので手巻き寿司などで頂いております。こどもが玄米食に慣れていないので精米し、米糠は糠床に使用しています。お米の粒の大きさは立派で申し分なく、大変美味しいお米です。糠床の維持にはまだ経験が足りないようですが、悪戦苦闘しながら楽しんでいます。こどもたちは成長とともにお米の味の違いがわかるようで、村田自然栽培米は美味しく、おかわりの回数が増えて家内が困窮するほどです。無農薬・無肥料栽培には大変に感銘を受けております。今後も陰ながら応援させていただきます。

お子様に食べて頂いてすごく嬉しいです!
お子様は体が小さいですが、食べる量は多いかと思います。
人の体は食べた物でできておりますので、お子様がどのような食べ物を食べるかというのは
とても大切な事だと考えております。これからも自然の力で育てたより純粋なお米をお届けしていきたいと思います。

お値段

自然栽培米は、農薬不使用・肥料不使用で育てているため、一般の農法に比べ収量が少なくなります。またほとんど市場に流通していないため、品切れになることもございますが、ご了承下さい。
送料の関係上、勝手ながら一回の注文は30kgまでとさせて頂きたくよろしくお願い致します。
平成29年度自然栽培米ササニシキを再入荷いたしました。
現在、自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリ、自然栽培米ササニシキ100%原料とした玄米麺・胚芽麺シリーズ、米粉をお届けしております。 
ササニシキに関し、夏の高温の影響で一部銅割れがございますが心を込めて作りました。どうぞご賞味くださいませ。

ササニシキ

ササニシキ

【世界農業遺産】大分県国東半島で育った九州産自家採種歴10年以上の自然栽培ササニシキ。
大分県での自然栽培歴4年目ですが10年以上自然放置した田んぼを選んで栽培(14年間以上農薬も肥料の何も入っていない田んぼでの栽培)

  • 5kg  4,750円(税込)
  • 10kg  9,250円(税込)
  • 20kg  18,400円(税込)
  • 30kg  27,300円(税込)
ご購入はこちら
ヒノヒカリ

ヒノヒカリ

【世界農業遺産】の大分県国東半島で育った自家採種歴20年以上の自然栽培ヒノヒカリ大分県での自然栽培歴6年目ですが10年以上自然放置した田んぼを選んで栽培(16年間以上農薬も肥料の何も入っていない田んぼでの栽培)

  • 5kg   4,750円(税込)
  • 10kg  9,250円(税込)
  • 20kg  18,400円(税込)
  • 30kg  27,300円(税込)
ご購入はこちら
※5分搗き、7分搗き、白米をご選択の場合、精米代は無料ですが、重量が約1割目減りします。
※送料の関係上、一回のご注文は30kgまでとさせて頂きたく、よろしくお願い致します。
※村田自然栽培米の発送は、週一回の毎週火曜日発送となっております。
日曜日17時までのご注文を、火曜日発送で対応致します。
到着日指定をご希望の方は、ご注文時の備考欄にてご記載お願い致します。 年間契約はこちらから
玄米麺・胚芽麺 自然栽培米ササニシキ使用

玄米麺・胚芽麺-村田自然栽培米ササニシキ使用-

【世界農業遺産】大分県国東半島で育った農薬や肥料を使用しない自然栽培米ササニシキを原料とした玄米麺と胚芽麺です。
添加物や小麦粉の繋ぎを一切使わずに作り上げた完全グルテンフリーの無添加安心麺です。
下記の6種類よりお選びいただけます。

  • ・玄米めん   ・胚芽めん
  • ・玄米こめろに ・胚芽こめろに
  • ・玄米シリアル ・胚芽シリアル
ご購入はこちら

玄米粉・米粉 自然栽培米ササニシキ使用

玄米粉・米粉-村田自然栽培米ササニシキ使用-

【世界農業遺産】大分県国東半島で育った農薬や肥料を使用しない自然栽培米ササニシキを原料とした玄米粉と米粉です。
自然栽培米ササニシキをそのまま粉にし平均粒径32μmで仕上げております。
お菓子やパン、ケーキの原料や揚げ物等にもご利用頂けます。

  • 【価格】
  • ・玄米粉 780円/500g
  • ・米粉 780円/500g
ご購入はこちら

【あっさり系の自然栽培米をご要望の皆様へ】

あっさり系のお米として、当店は、ササニシキとミナミニシキをお薦めしております。
ミナミニシキは、お米の力で活力溢れる日本を創りたいと
元来、日本人が食べてきた本物のお米を追求した前田英之さんが育てる自然栽培米ミナミニシキです。

ミナミニシキは、農薬・肥料、その他資材を一切使用しない自然栽培で育て
自家採種にもこだわり自家採種歴15年以上の【ミナミニシキ】となります。
安心安全で生命力の溢れるお米を追求している前田自然農法米ミナミニシキをお試し頂ければと思います。

前田自然農法米ミナミニシキ
熊本県産 自然栽培歴10年以上の前田自然農法米ミナミニシキのサイトはこちら

最後に・・・

なぜ私が自然栽培米を皆さんに薦めるのか・・
有機農法はもう皆さんもご存じだと思いますが、自然栽培って何なの、何が違うの?という方も多いと思います。

自然栽培という言葉自体は「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんにより少し聞くようになりましたが、まだまだ根付いていないかもしれません。
しかし、今後、有機農法の次の段階として本当の食とは?と考えた時、自然栽培が主流になっていくと考えております。

自然栽培とは 農薬や化学肥料はもとより、有機肥料(家畜糞系(牛糞、豚糞、鶏糞)、魚粕、油粕)も一切使用しない栽培方法です。自然界において動物系の有機肥料が多量に入ることはあり得ないのです。つまりは自然の摂理に適った栽培方法であり、周りの環境と調和し、本来の土の力を十分に引き出した農法です。この農法から収穫される食べ物は、純粋であり力強さを持っています。

「私達の体は、私達の食べた物でできている」
当たり前のようですが、なかなか意識できないことです。
ゆっくり、ゆっくりと体は変化するので、食が原因とはなかなか結びつきにくいです。
今日食べたものを思い出してみて下さい。どれだけ自然の状態で摂れたものを口にしているでしょうか?人間の便利の追求により、どれほど人工的に作られたものを口にしてるか!やはり体に歪みができます。
あなたの体は、自然から採れた食材を欲しているはずです。

有機農法もやり方によっては、千差万別です。
というのは、有機肥料は使い過ぎると問題になる可能性が高いからです。
何が問題かというと、有機肥料に家畜糞を多用した場合、窒素が多いのです。そしてその肥料の効果が長い。植物体に硝酸態窒素が含まれ、それを多量に摂ると、人間体内のアミノ酸と結び付き、発がん性物質の「ニトロソアミン」が生成されるという懸念があります。

人間が、自分のため(収量UPのため)を中心に考えた場合、
やはり、自然に歪がでるようです。
それが結果として、発がん性物質を含むものができる可能性を生んでしまう。
ぜひ、皆様と共有したい思いがあります。

それは、
”自然が主であり、人間が従であること”

生態系ピラミッドのトップにいる私達が、するべきことは、
自然界をコントロール・征服・消耗するのでなく
自然界のバランスを保つお手伝いをすることと考えております。

皆様に、自然を尊重した農法から収穫できる
”自然から頂いた生命力の溢れる米”を食べて頂き、皆様自身が力強く、健康に過ごせる手助けになるような食べ物をお届けできればと思います!

お問い合せはこちら
お電話ください
お問い合わせ