自然栽培米ササニシキ ~【世界農業遺産】大分県国東半島からお届けします~

大分県国東半島で私達が一生懸命作りました。

手作りホームページへようこそ。どうぞごゆっくりご覧くださいませ。
当店、自然栽培米専門店【Natural Style】がお届けする自然栽培米は、
農薬・肥料不使用、自家採種された安心安全のお米に限定しております。
村田自然栽培米は、週一回火曜発送となります。※日曜17時までのご注文を火曜日発送致します。
川﨑・前田自然栽培米は、ご注文後3-4日以内に発送致します。
※玄米麺・胚芽麺シリーズが一時欠品しております。
                   

‘化学肥料’ タグのついている投稿

化学肥料と農薬の関係|村田自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリ

2016 年 2 月 25 日 木曜日

大分県国東(くにさき)半島で
村田光貴さんが育てる【喜び米】の自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリは、
農薬も肥料も使用しない自然栽培で育てています。

700年代の奈良時代までは、
すべての作物は自然栽培で育てられていたようです。

794年以降の平安時代から
一部の地方農民が牛馬の糞を使った厩肥を使用したとあります。

日本に化学肥料と農薬が入ってきたのは
明治時代の1890年頃だと言われており
西欧の技術を取り入れようという時代の流れがあったのだと思います。

慣行農法への疑問

その後日本では、
化学肥料と農薬を多量に使いだし
化学肥料や農薬がないと作物ができないという考えが普通になるほどとなりました。

日本の稲作文化は3000年とも言われますが
日本に化学肥料や農薬が日本に入ってきたのは120年ほど前です。

ですが、
化学肥料や農薬を使用する農法を慣行農法と言いますね。

通常、慣行とは、古い慣わしに沿ったという意味です。

不思議ですね。
慣行という言葉を使うと農薬や肥料を使うのが当たり前という考えになってしまいます。

化学肥料と農薬使用の関係

日本は、戦後、農薬使用を薦めてきたために
世界で比較してもその使用量の多さが分かると思います。

主要国の農薬使用量

2006年までは、単位面積当たりの農薬使用量が世界1位だったんです。

日本は、化学肥料と農薬を多用してきましたが
果たしてこれは、田畑で良い循環を生んでいたのでしょうか?

化学肥料/農薬使用量

上記の統計は、化学肥料と農薬使用量の各国の比較ですが、
面白い傾向がありそうです。

化学肥料を多用していると農薬の使用量も多くなる傾向があります。

一概には言えないかもしれませんが
私どもは、化学肥料と農薬使用量には相関関係があると思っています。

化学肥料を多用すると
野菜や稲に窒素分が多くなります。

この窒素過剰の状態の野菜を虫や微生物が好むのです。

そして、この虫や微生物が病害虫と呼ばれ
農薬で駆除しようとする循環が生まれています。

私ども自然農法に関わる人間の考えでは
虫や微生物は世界の浄化作用をしていると捉えています。

つまり、

収量を増やそうと多量の肥料を投入してできた
窒素過剰の野菜は、人間の体に入れると悪影響を及ぼす物質であり
自然界の中では、不自然な物質として存在します。

この不自然な物質を、浄化して、糞として自然界に戻す役目があるのが
虫や微生物と捉えています。

そのため、虫や微生物はすごく大事な働きをしているのですが
人間は、農薬でこの虫や微生物を撲滅し、
その一年、傷のない、もはや人工的に作られた農作物を獲ろうとします。

不自然なものを浄化しようとするというのが
虫や微生物の役目だと思っていますので、
これからの未来の農業では、自然界と共存するような農法が広がってくれればと思います。

 

 

化成肥料を入れない無添加のお米|村田自然栽培米ササニシキ

2016 年 1 月 31 日 日曜日

化成肥料(化学肥料)は、農業界において
肥料成分の計算のしやすさ、使いやすさ、即効性がある等で役に立ってきました。

農業の教科書には、
葉物には窒素成分、実物にはリン酸、根物にはカリウムが必要であり、
各野菜には、必要な窒素、リン酸、カリの割合が示されていました。

そのため化学肥料は肥料成分の計算はしやすいわけです。

化成肥料は、無機質資材から化学合成して人工的に大量生産が可能です。
特徴としては、
・肥効が早い
・価格が安価
・大量生産できるので安定供給可能

現在でも化成肥料(化学肥料)は大量に使用されているのが現状です。

化成肥料の考え方

ここでは、化成肥料を否定するつもりはありません。

そのうえで化成肥料とは、何かなと考えたときに
作物にとっての化成肥料は
人にとってのサプリメントと一緒のように感じます。

化成肥料-サプリメント
出典:http://www.oogui.jp/

化成肥料の考え方の基礎が西洋的思考ですね。

東洋的思考は全体性がありますが、西洋的思考は部分を見ます。
医療にしても
東洋医学は体全体を見て施術を考えますが
西洋医学ではポイントを絞って、部分をみて、悪い部位へのアプローチです。

化成肥料も肥料・栄養分という側面を見て
この栄養素を与えれば作物がしっかり計算通りに育つはずだというアプローチですね。

でも実際には、計算通り化成肥料で
必要な栄養素を与えていても元気な作物が摂れるとは限りません。
むしろ土壌が硬くなってくるので、作物を獲るのが難しくなってきます。

化成肥料を使用しない理由

化成肥料は、人間でいうサプリメントに相当すると考えています。
サプリメントは、命のあるものでなく、工場で作られた人工物ですね。

私は、化成肥料はサプリメント同様に不自然な物質だと捉えています。

(もちろん、体に良いと思って飲まれている方は、
何かしらの実感があったと思いますので飲まれても良いと思います)

化成肥料は肥料成分というポイントに絞った視点では栄養を与えるという側面があるけれども、

自然農法に関わる私たちは
自然の摂理、いわゆる生態系の維持を考えますので
土壌有機物を増やし、微生物を増やし、生態系を作り出すことに重きを置きます。

また自然界以外の人工物を入れると土を破壊するという考えがありますので
化成肥料は使用しないのですね。

思想にはいろいろありますが
私どもは化成肥料を使用しない無添加のお米をお届けしていきたいと思っています。