自然栽培米ササニシキ ~【世界農業遺産】大分県国東半島からお届けします~

大分県国東半島で私達が一生懸命作りました。

手作りホームページへようこそ。どうぞごゆっくりご覧くださいませ。
当店、自然栽培米専門店【Natural Style】がお届けする自然栽培米は、
農薬・肥料不使用、自家採種された安心安全のお米に限定しております。
週1回火曜日発送となります。※日曜日17時までのご注文を火曜日発送致します。

精米(5分搗き、7分搗き、白米)に関して|村田自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリ

2016年2月6日

お米を食べる時に精米はどのようにしているでしょうか?

村田自然栽培米では、
玄米、5分搗き、7分搗きで対応しておりますが、
5分搗きと7分搗きではどちらの方が白米に近いのでしょうか?

一般に流通しているお米は、白米が多いですよね。

平安時代ごろから精米されたお米は合ったのですが
上層階級の方達だけが食していたそうです。

1650年頃から日本でも精米を生業とする仕事が出てきたようで、
庶民の人たちにも精米されたお米が広がっていきました。

そのため江戸で発生したのが
有名な”江戸患い”ですね。

いわゆる白米により流行ったビタミンB1不足による脚気ですね。

精米とは

白米は、精米により、胚芽と糠層をそぎ落としますので
お米の持っている栄養分がほとんど残りません。
残っているのは胚乳のみなのですね。

胚乳:最も内側にある白い部分でデンプン質玄米構造

胚芽:お米の先端部分にある薄黄色の部分で
主な成分は、ビタミン・ミネラル
お米の命が宿っている大切な部分です。

糠層:玄米の外側を覆う茶色部分
主な成分は、セルロース
セルロースは消化にしくいが、他の食物の消化吸収を助け
腸の働きを促進してくれる。

 

玄米の構成比率は
胚芽が全体の3%
糠層が全体の5%
胚乳は全体の92%です。

白米への精米により胚芽と米糠層がそぎ落とされるのですが
これにより栄養素はだいたい1/5から1/3ほどになります。

お米栄養成分

白米にすると大事な栄養分が取り除かれます。
一方、
玄米のままでは食べにくいという方もおられます。

そのため
白米と玄米の中間層の分搗き米があります。

精米は、
玄米⇒3分搗き⇒5分搗き⇒7分搗き⇒白米 という順では白米に近づいていきます。

各農家さんの持っている精米機によって
精米の度合いが若干異なるのですが、
村田自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリの場合は、下の写真のようになります。

大分自然栽培米分搗き
5分搗きであっても白米と同様に普通の炊飯で炊くことができます。

自然栽培米を美味しく食べて頂くことが最も嬉しいので
玄米で食べることが美味しいと感じる方は玄米をご選択頂き
5分搗きや7分搗きが自分達には合っているという方は、ぜひ分搗き米をご選択頂けばと思います。


タグ: ,

Posted by 自然栽培米ササニシキ-【世界農業遺産】大分県国東半島より直送します at 13:04 / 大分 お米,自然栽培米コメント&トラックバック(0)