自然栽培米ササニシキ-在来種・伝統のお米産地直送専門店

Posts Tagged ‘自然栽培’

月曜日, 11月 28th, 2022

命を養う「朝日」米|緒方弘文の自然栽培米

命を養う「朝日」米|緒方弘文の自然栽培米

こんにちは!自然栽培米専門店ナチュラルスタイルの井田敦之です。 熊本県甲佐町の自然栽培農家、緒方弘文さんは、食べてくれる人の健康を願い、伝統的な日本のお米の血筋を引き継いだ「朝日」を無農薬・無肥料・自家採種で育てています […]

続きを読む >>

月曜日, 10月 24th, 2022

人の違う自然栽培米作りを続ける自分軸|熊本県南阿蘇 大森博

人の違う自然栽培米作りを続ける自分軸|熊本県南阿蘇 大森博

こんにちは!ナチュラルスタイルの井田敦之です。 自然栽培に取り組む人は、全体のわずか0.0数パーセント、1000人に1人から1万人に1人ぐらいの割合といわれています。 つまり、 周りの人と違うことをしてきた人達です。 周 […]

続きを読む >>

月曜日, 7月 4th, 2022

自然栽培米作りでのチェーン除草|熊本県南阿蘇「亀の尾」「旭一号」

自然栽培米作りでのチェーン除草|熊本県南阿蘇「亀の尾」「旭一号」

こんにちは!自然栽培米専門店ナチュラルスタイルの井田敦之です。 自然栽培米作りにおいて田植え後に最も注力するのは「草対策」です。 自然栽培では除草剤を使用しないために田植え後に放っておくと草が繁茂するということもあります […]

続きを読む >>

火曜日, 3月 15th, 2022

イセヒカリを選んだ理由|自然栽培米農家/福岡県三奈木の松本一宏

イセヒカリを選んだ理由|自然栽培米農家/福岡県三奈木の松本一宏

こんにちは!自然栽培米専門店ナチュラルスタイルの井田敦之です。 福岡県朝倉市三奈木に、「自然栽培米を通して日本を変えよう」という想いを持った自然栽培米農家、松本一宏さんがおられます。 松本さんが栽培しているのは、現代主流 […]

続きを読む >>

火曜日, 2月 15th, 2022

「旭×亀の尾」栽培に挑戦した理由|無農薬で作る米農家緒方弘文

「旭×亀の尾」栽培に挑戦した理由|無農薬で作る米農家緒方弘文

自然栽培米専門店ナチュラルスタイルの井田敦之です。 熊本県甲佐町に無農薬・無肥料の自然栽培で「旭×亀の尾」(くまみのり)を作る米農家、緒方弘文(おがた・ひろふみ)さんがおられます。 「旭×亀の尾」(くまみのり)は、栽培が […]

続きを読む >>

日曜日, 11月 20th, 2016

無農薬 玄米麺-アレルギーの方にも安心-

無農薬 玄米麺-アレルギーの方にも安心-

【世界農業遺産】に登録された大分県国東(くにさき)半島の 無農薬・無肥料の自然栽培米ササニシキを原料として アレルギー体質の方にも安心して食べて頂けるようにと想いを込めて 玄米麺・胚芽麺をお届けしております。 何故私たち […]

続きを読む >>

日曜日, 9月 4th, 2016

無農薬や自然栽培で育てたお米は体に良い!?|自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリ

無農薬や自然栽培で育てたお米は体に良い!?|自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリ

日本の稲作においては 1950年代から西洋から入ってきた農薬を使用開始し 今や99.6%の農家さんが農薬を使用していると言われています。 農薬や化成肥料を使用する栽培が 明治から導入され、昭和には一般の農家さんにも広がり […]

続きを読む >>

木曜日, 4月 14th, 2016

土遊びが精神に与える影響|村田自然栽培米ササニシキ

土遊びが精神に与える影響|村田自然栽培米ササニシキ

小さい頃は、裸足で遊んだ記憶がありますが 最近は、裸足で土に触れるのは、田植えの手伝いの時くらいです。 自然栽培米を作られている方で 毎年苗床の準備を熊本大学生とされている方がいますが その時は裸足でみんな田んぼに入るの […]

続きを読む >>

土曜日, 4月 9th, 2016

自然栽培とナウシカの腐海|村田自然栽培米ササニシキ

自然栽培とナウシカの腐海|村田自然栽培米ササニシキ

多くの人が、 宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」をご覧になられたことがあるかと思います。 漫画を映画化されたのか1984年ですが、 この世界観には感心します。 宮崎駿監督の持つ自然感は、 「となりのトトロ」も「千と千尋の神 […]

続きを読む >>

木曜日, 2月 25th, 2016

化学肥料と農薬の関係|村田自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリ

化学肥料と農薬の関係|村田自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリ

大分県国東(くにさき)半島で 村田光貴さんが育てる【喜び米】の自然栽培米ササニシキ・ヒノヒカリは、 農薬も肥料も使用しない自然栽培で育てています。 700年代の奈良時代までは、 すべての作物は自然栽培で育てられていたよう […]

続きを読む >>

お電話ください
お問い合わせ